販売既刊リストに戻る

154.jpg ●ISBN4-89514-154-3
『女房元気で留守がいい 齢60にして物申し上げ候
P.(ペー)太郎著
四六判並製本
304頁
定価1,365円(本体1,300円)

●軽妙な筆致で自らの半生を振り返りつつ、現代社会を小気味よく風刺。現在の中国にも鋭く迫る自分史エッセイ。辛口の社会点描。

  《目次から》
 億万長者の嘆き/朱鷺は再び佐渡の空を飛ぶか
 金はいくらあっても役に立つ/これがかの北京秋天か靄の中
 泰山の杜子春から来た手紙/“犯意なき過ち”で許せるか