販売既刊リストに戻る

202.jpg ●ISBN4-89514-202-7
『長期衰退に入った日本 ─経済再生には、個々人の能力低下に歯止めを
岩野正宏 著
四六判並製本
200頁
定価1,260円(本体1,200円)

●現在の長期低迷の原因は、「不良債権処理や構造改革の遅れ」にあるだけではない。経済のルールが変化し、「規模の経済」追及に限界がきたこと。そして、個々人の能力低下が顕著になり始めたところにある。
 明治初期から最近までの日本経済を概観し、いま「日本経済が置かれている現状」を的確に指摘。どうすればよいかを提言する警世の書。

【内容の紹介】
日本人の能力低下はどのような状況にあるか▼少子高齢化の影響はどうなる▼日本経済低迷の真因は何か▼教育ママの偉大なる悪影響▼台頭する中国の分析
●能力向上の有効な諸方策:1 留学・移住の効果、2 内地雑居のすすめ、3 自立重視を社会的コンセンサスにすること、4 インターネット研究開発の促進等

著者紹介:岩野正宏(いわの・まさひろ)
 1964年、東京大学経済学部卆。八幡製鉄(現・新日本製鐵)入社。75年、カリフォルニア大学バークレー校MBA取得。92年、ゴールドマンサックス証券調査部長を経て、現在同社顧問。著書に、『21世紀に生き残る企業』など。