販売既刊リストに戻る

217.jpg ●ISBN4-89514-217-5
『日本人の脳死観=臨調答申を読む=』
佐々木廸郎 著
新書判並製本
232頁
定価1,260円(本体1,200円)

●崇高な慈悲心から行われるべき臓器の提供、生きる夢を拓く移植医療。なのになぜ脳死移植はつまずくのか。
 臨床40年の著者の経験が、迷走を続けた脳死臨調答申、そしてそれをめぐる議員・マスコミの反応を読み解き、日本人の死生観、生命倫理を鋭く分析する。

 佐々木廸郎の既刊
 『日本人の死生観・医療と生命倫理』 (品切)
 『癌の告知・ターミナルケア』

著者紹介:佐々木廸郎(ささき・みちお)
 1935年札幌市生まれ、北海道大学医学部卒。同学部第一外科、同部非常勤講師(外科学、生命倫理)、釧路労災病院などをへて、現在医療法人恵佑会病院顧問。社団法人生命科学振興会常務理事・北海道支部長、北海道開拓記念館文化振興会理事。著書に『癌の告知・ターミナルケア』『日本人の死生観・医療と生命倫理』(中央公論事業出版)など。