販売既刊リストに戻る

230.jpg ●ISBN4-89514-230-2 C0095(品切)
『海なお深く 太平洋戦争 船員の体験手記
全日本海員組合 編
A5判上製本
408頁
定価2,100円(本体2,000円)
2004年8月発行
●彼らは小学校高等科卒業の十四、五歳の声変わりもしていない少年海員たち……「右舷前方、雷跡」、凄まじい爆発、噴きあげる水柱、船艙に流れ込む海水。船底の渦へとばらばらと落ちて行く死体。船首と船尾は空を向いて立ち、船体が折れ、船は沈んだ。私は舟艇によじ上がったが、そこには少年海員たちは一人もいなかった……。

 戦没船員6万1000余名――
 太平洋戦争に巻き込まれた船員や遺族の思いを集めた手記42編を収録。彼らの赤裸々な想いが語られている。「平和の海」への願いを込めて、18年前の手記が復刻された。

 全日本海員組合は、国際・国内の海運、水産、港湾に働く船員や水際労働者で組織する労働組合で、3万5000人が加入。海上・水際労働者の雇用の安定確保、待遇改善と権利の擁護・社会的地位の向上、船員の後継者の育成などの活動を行なっている。