販売既刊リストに戻る

276.jpg ●ISBN4-89514-276-0 C0093(品切)
『道子』
佐々木満里子 著
A5判並製本
144頁
定価1470円(本体1400円)
2006年9月発行

●激しい時代を生き抜いた女の半生

 父から建設会社を引継ぎ、女社長として苦難の道を歩んできた道子。大陸でむかえた戦争、離婚、トラブルの連続する社業、気性の激しい母親、家族との葛藤――波乱に富んだひとりの女性の生き様を力強く描ききった、自伝的連作。

 道子の人生の模索、憧れと失望をつづった「みどりもふかき」、苦難が絶えない建設会社経営と複雑な人間関係に悩む事業家道子を描く「守成は難し」、人生を激しく生き抜いた母キミとの愛憎を回顧する「烈女の系譜」3編を収録。

著者紹介:佐々木満里子(ささき・まりこ)
満洲大連市生まれ。お茶の水女子大学史学科卒業。卒業後、高校教諭、出版社勤務などを経て、国際建設株式会社に入社。同代表取締役社長、会長に就任、現在に至る。著書に『ポストモーテム』など。