販売既刊リストに戻る

291.jpg ●ISBN978-4-89514-291-5 C0034(品切)
『日本で成功するグローバル企業 代表的企業12社のトップが語る日本戦略
岡田雄次 編著
四六判上製本
260頁
定価1575円(本体1500円)
2007年7月発行

●時代のキイワードは「外資系」

 急速に高まる「外資」企業への注目度。その中で日本市場にユニークなグローバル戦略が存在感を持つ12社の経営者に、その経営哲学・日本市場観、異文化とのコミュニケーション、さらに今後の経営戦略を訊く。

 本書に登場する12社のトップ(社名/代表者)
  李  昌烈 (日本サムスン)
  ペーター・ツァップ (シーメンス)
  伊藤 伸彦 (日本ゼネラル・エレクトリック)
  レオナード・マイヤー (ハイポ・リアル・エステート・キャピタル・ジャパン)
  加藤 益弘 (アストラゼネカ)
  小林 昭生 (デュポン)
  中澤 義明 (日本ストライカー)
  幹  晶稔 (アフラック日本社)
  志賀 俊之 (日産自動車)
  尾野  博 (マンパワー・ジャパン)
  井上  忠 (ジャパンゴアテックス)
  成松  洋 (クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン)

著者紹介:岡田雄次(おかだ・ゆうじ)
 1960年中央公論社入社。「経営問題」「中央公論」編集次長を経て、経済誌「Will」男性誌「GQ」編集長。97年取締役雑誌編集局長。99年2月中央公論新社監査役、同年11月中央公論事業出版代表取締役社長、2001年退職。現在、出版プロデューサーとして活躍。