販売既刊リストに戻る

297.jpg ●ISBN978-4-89514-297-7 C0095 (品切)
『江戸の骨つぎ 昭和編 整形外科「名倉」の人びと
名倉公雄 著
四六判並製本
252頁
定価1292円(本体1230円)
2007年11月発行

●江戸時代から、骨つぎといえば「名倉」、「名倉」といえば骨つぎ。代名詞のようになってしまっている。
 江戸中期に千住で開業した業祖から数えて7代、250年、そんな「骨つぎ」名倉の現当主が、喜寿を迎えてはじめて語る、「骨つぎ」の伝統。

著者紹介:名倉公雄(なぐら・きみお)
 昭和5年、東京神田生まれ。東京高等師範学校附属小・中・高校、慶應義塾大学(法学部)卒業。独ケルン大学(医学部)卒業。昭和40年、ドイツにて医学博士号取得。昭和42年、東京医科歯科大学整形外科入局。昭和48年、「日本橋名倉整形外科クリニック」開設、昭和60年、「広尾名倉国際クリニック」開設。