title.jpg    
販売既刊リストに戻る

313.jpg ●ISBN978-4-89514-313-4 C0095(品切)
『千羽鶴 余生談義

君島善次郎 著
四六判並製本
236頁
定価 本体1200円(税別)
2008年8月発行

●昭和19年、サイパン島玉砕。
戦禍に翻弄される若い男女の悲劇を描いた小説と、平成の「いじめられ」国家日本を憂うエッセイを付す。

著者紹介:君島善次郎(きみじま・ぜんじろう)
 大正13年福島県に生まれる。旧制弘前高校、千葉医大卒。福島医大勤務、済生会福島病院外科医長を経て、東京・三鷹市で開業。医学博士。主な著書『血の落日』(泰流社)、『病気物語』(泰流社)、『初めての育児日記』(金園社)、『ヒトの身体の中はこうなっている』(PHP研究所)ほか。















 
 
 


見積り(無料)
をご希望の方はこちらへ
制作費用の目安
を知りたい方はここをクリック
書店での販売
のご相談にも応じております。
お問い合せ先