title.jpg    
販売既刊リストに戻る

316.jpg ●ISBN978-4-89514-316-5 C0036
『日本政府の森林偽装』

平野虎丸 著
四六判並製本
148頁
定価1365円(本体1300円)
2008年9月発行

●林野庁によって繰り返される「森林整備」「温暖化対策」という名の自然破壊。
30年にわたる自然保護活動の中で著者が目の当たりにした〈森林〉のあぶない実態。

もくじより

1 林野庁に問題あり
2 山村に生まれ育って
3 野鳥保護から「エコシステム」へ
4 日本の森林は今どうなっているか
5 「美しい森林づくり」の欺瞞
6 緑資源機構の犯罪
7 詐欺か偽装か、さまざまな試み
8 林野政策の失敗で鳥獣を殺すな
9 地球温暖化問題対策のウソ
10 林野庁はいらない

この本の収益金は、シカなど野生動物の生息地買い取りに使われます。

著者のブログへ→林野庁の林業暴走

著者紹介:平野虎丸(ひらの・とらまる)
 1938年4月 熊本県球磨郡水上村林業家5代目として生まれ、人吉商業専門学校卒業、その後林業に従事する。71年から99年まで、熊本県警察に一般職として勤務。73年、挿し木林業には直根がないため土砂災害を引き起こし、水源涵養力も少ないことを発見。86年より、林業(木材生産)は森林破壊であるため、国や県の公務員は1日も早く、木材生産から撤退することを提案している。05年、「全国野鳥密猟Gメン」を結成、インターネット上の「日本一ネット」において、「野鳥救出日本一」と認定される。86年から自然保護活動及び、森の遊園地内にて森林と木材生産の違いを実践指導。日本政府による森林・木材生産の政策転換を提言している。ブログ〈林野庁の林業暴走)を立ち上げ、2008年8月に至る。















 
 
 


見積り(無料)
をご希望の方はこちらへ
制作費用の目安
を知りたい方はここをクリック
書店での販売
のご相談にも応じております。
お問い合せ先