自費出版_中央公論事業出版  


販売既刊リストに戻る

心臓移植を目指して 四十年の軌跡 ●ISBN978-4-89514-344-8 C0047
『心臓移植を目指して 四十年の軌跡

川島 康生 著
A5判上製本
416頁
定価4200円(本体4000円)
2009年9月発行

●臓器移植法の改正案成立で臓器の提供が受けやすくなった。心臓移植のために中心となって準備奮闘した外科医である当事者が書いた日本の心臓移植史。

著者紹介:川島 康生(かわしま・やすなる)
大阪大学名誉教授・国立循環器病センター名誉総長
1930年生まれ。1951年京都大学工学部機械工学科中退、1955年大阪大学医学部卒業、1961年大阪大学大学院医学研究科終了。1964年〜1966年南カリフォルニア大学研究員、1976年大阪大学医学部助教授、1978年大阪大学医学部教授、1986年〜1988年大阪大学医学部附属病院院長、1990年国立循環器病センター病院長、大阪大学名誉教授。1995年国立循環器病センター総長、1996年国立循環器病センター名誉総長、2000年〜2005年財団法人循環器病研究振興財団理事長、2002年〜2005年学校法人大阪薬科大学理事長。
【学会歴】1983〜1984年日本人工臓器学会会長、1985〜1986年日本心臓血管外科学会会長、1988〜1989年日本胸部外科学会会長、1995〜1996年日本循環器学会会長。
【賞歴】1995年日本医師会医学賞、1997年紫綬褒章、1999年大阪文化賞、2002年勲二等旭日重光章、2003年大阪市市民表彰、2007年文化功労者顕彰。
【業績】複雑心奇形に対するKawashima手術など小児心疾患に対する新しい手術を数多く世界に先駆けて発表し、実施してきた。一方本邦における心臓移植実施の為の研究と体制整備をするとともに、それに向けての社会の啓発に努めた。





TOP PAGE
会社案内
自費出版の方法
パンフレット・見積り
自分史
書籍の販売
製作した書籍
販売既刊リスト
Link
 
 
 


見積り(無料)
をご希望の方はこちらへ
制作費用の目安
を知りたい方はここをクリック
書店での販売
のご相談にも応じております。
お問い合せ先