自費出版_中央公論事業出版  


販売既刊リストに戻る

●ISBN978-4-89514-385-1 C0036
『ゆとりなき社会への提言』

山本 章 著
46判 並製本
272頁
定価1050円(本体1000円)
2012年5月発行


●心に「ゆとり」があってこそ望ましい医療も提供できる。自律・自戒なき自由と、総合的思考が欠落した専門分化が文明を滅ぼすと主張する医師による日本社会の診断と警世の書。


著者紹介:山本 章(やまもと・あきら)
昭和7年大阪生まれの大阪育ち。30年大阪大学医学部卒業。35年大阪大学大学院医学研究科修了、医学博士。大阪大学第2内科学教室で脂肪肝の研究に取り組み、38年「肥満外来」を開始。39〜42年米国カリフォルニア州のCity of Hope Medical Centerで脂質分析の開発研究。42年大阪大学に復帰して「高脂血症外来」を開設。54年国立循環器病センター研究所病因部長、平成元年同研究所副所長。平成8年から箕面市立老人保健施設の施設長として、また21年からは尼崎老人保健施設ブルーベリーの常勤医師・施設長。
主な著書に、『血清脂質:その臨床、基礎、分析法』中外医学社 1981年。『脂質代謝とその異常』中外医学社 1985年。『トリグリセライド、HDLと動脈硬化』フジメディカル出版 2001年。『脂質代謝の研究から老人医療の現場まで−時代の流れに生きた、ある医師の回顧』中外医学社 2008年。『心にゆとりを、言葉にユーモアを─老健で働く、ある医師からのメッセージ』中外医学社 2008年。『コレステロールを下げる』中外医学社 2008年。『経験から学ぶ老年医療』中外医学社 2010年。





TOP PAGE
会社案内
自費出版の方法
パンフレット・見積り
自分史
書籍の販売
製作した書籍
販売既刊リスト
Link
 
 
 


見積り(無料)
をご希望の方はこちらへ
制作費用の目安
を知りたい方はここをクリック
書店での販売
のご相談にも応じております。
お問い合せ先