自費出版_中央公論事業出版  


販売既刊リストに戻る

●ISBN978-4-89514-387-5 C0095
『シュルレアリスト精神分析』
ボッシュ+ダリ+マグリット+エッシャー+初期荒巻義雄/論

藤元登四郎 著
A5判上製本
224頁
定価2730円(本体2600円)
2012年7月発行


●数多い世界のSFの中でも他に例を見ない独自性をもつ荒巻義雄初期作品群、それに関わりの深い画家たちを、ダリの提唱したパラノイアック・クリティック〈偏執狂的批判〉の応用から読み解く。キーワードは、精神医学者ジャック・ラカンのパラノイア論である。ラカンとダリには深い関係があった。
●荒巻義雄初期SFと、関わりの深い画家たちを、ラカンのパラノイア論を下敷にパラノイアック・クリティックから読解く。SF界に新しい風を吹き込む。荒巻本人の解説も収録。


藤元登四郎(ふじもと・としろう)
東京大学医学部卒業、精神科医。『「高い城の男」―ウクロニーと易教』で、2011年、第6回日本SF評論賞選考委員特別賞を受賞。精神疾患の画像研究に対して、2011年、第16回「クリニカルPET賞」受賞。主な著書、『荒木経惟と結合の欲望』祥伝社、2003年。論文「Changes in event-related desynchronization and synchronization during the auditory oddball task in schizophrenia patients. The Open Neuroimaging Journal, 2012.訳書、ステファンヌ・マンフレド著『フランス流SF入門』幻冬舎ルネサンス、2012年。ジャン・ギャラベ著『アンリ・エー入門 エーと現代精神医学思想』創造出版、2012年。





TOP PAGE
会社案内
自費出版の方法
パンフレット・見積り
自分史
書籍の販売
製作した書籍
販売既刊リスト
Link
 
 
 


見積り(無料)
をご希望の方はこちらへ
制作費用の目安
を知りたい方はここをクリック
書店での販売
のご相談にも応じております。
お問い合せ先