自費出版_中央公論事業出版  


販売既刊リストに戻る


●ISBN978-4-89514-424-7 C0092
豊後杵築の古俳書 「雪の味」を読む』

佐野昌子 著
B5変形判 並製本
144頁
定価 本体2500円(税別)
2014年8月発行

●九州の土蔵から見つかった古俳書「雪の味」の影印と翻刻。
 江戸時代の京都の俳憎・蝶夢の門人、荒巻蘭里(杵築の豪商)の遺句を中心に編まれたもので蝶夢の序文を筆頭に、全国の俳人仲間が句を寄せている。数々の文献に残るこの原本は国内に数冊のみ。解読されたものは一冊もない。
 蕪村がライバル視したという蝶夢は芭蕉研究で有名であり、多くの顕彰事業、伝記の執筆など、蝶夢なくして現在の芭蕉の名声はないといってよい。
 その内容もさることながら、御家流の字も美しく、専門家はもとより、ぜひ一般の俳諧を愛する人々、江戸時代の庶民の文化・歴史に興味を持つ人々の目にも触れてもらいたい一冊である。






TOP PAGE
会社案内
自費出版の方法
パンフレット・見積り
自分史
書籍の販売
製作した書籍
販売既刊リスト
Link
 
 
 


見積り(無料)
をご希望の方はこちらへ
制作費用の目安
を知りたい方はここをクリック
書店での販売
のご相談にも応じております。
お問い合せ先