自費出版_中央公論事業出版  

製作した書籍

 

 当社で制作した書籍・雑誌の点数は,累計約9,000点を超えます。ここでは,その一部をご紹介させていただきます。
 (最終更新2013/07/04)


 
 ▼句集・歌集・エッセイ集
【句集・歌集・詩集・小説等】【随筆】
 ▼年史・社史・社内報
【自治体】【各種団体】【企業】【医学】【学校】【戦史】【事業案内書・社内報】
 ▼研究報告書・論文・年鑑
【評論・研究】【資料・記録類】【年鑑類】【雑誌・新聞類】
 ▼伝記・自分史・追悼集
【伝記・自分史】【追想集・遺稿集】
 ▼画集・写真集
【画集史】【写真集】
 ▼趣味の本・その他
【趣味の本】【その他】

  ●現在販売中の、または販売した書籍のリストは、こちら


◆句集・歌集・エッセイ集

  [目次に戻る]

【句集・歌集・詩集・小説等】
『合歓の花』 黒川英三
『英国留学生の墓標』 古賀節子
『歌集 骨片』 菊池直
『雨過天晴』 大橋美恵子
『雪乃下』 貝原玉太郎
『石つむ人』 小西久美子
『安藤百福かく語りき』 安藤百福
『実千両』 コ永男
『彼岸への道半生歌』 藤田良雄
『句集 昼寝の国』 珍田龍哉
『歌集裸火』 荒垣恒政
『歌集町人国手代のくり言』 天谷直弘
『返り花』 南條巷子
『カオスよりクロノスまで』 村岡徹
『歌集 もも子といふ名』 石川もも子
『木船千鶴枝遺歌集』 木船千鶴枝
『来吉千句集』 阿部清
『句集 湧き水』 藤川玄人
『ケポイカイ』 Jun Toyoda
『時は流れて半生歌』 藤田良雄
『庭の千草』 木船正雄
『片雲漂泊』 高原光
『ポストモーテム』 佐々木満里子
『雪乃下』 貝原玉太郎
『句集流氷の町』 中台泰史
『帰雲集』 西塚百合子
『交響詩集 ヒロシマ』 水野潤一
『句集 未完』 合志洋 
『歌集 瓔珞』 柴田泰子 
『鳳凰集』 梶尾操
『創生の悲歌』 村田敬次郎
『土橋成男脚本選集』 土橋とも子
『元禄赤穂義士』 山田啓太
『幼かりし日』 大塚雅春
『結婚の終り』 南清司
『谷崎潤一郎和歌集』 (市居義彬)
『昭和をうたう』 財団法人昭和聖徳記念財団
『采詩(「濱」創立五十周年記念合同句集)』 濱発行所
『歌集 香柏傳』 梶尾操
『歌集 鳳凰集』 梶尾操
『琴女(正・続)』 山田啓太
『長安への道』 山田啓太
『小説 潮流の端で』 長谷川佳
『青みどろ』 久保田万太郎
『句集 梅本』 川本臥風
『句集 薔薇窓』 山口青邨
『句集 繚亂』 山口青邨
『機』 和田魚里句集
『校本 横瀬夜雨詩集』 
『句集 鉄線』 松崎鉄之介
『蔵原伸二郎小説全集』 
『ふうてん(わが寒山詩集)』 黒田沐山居
『杉浦翆子全歌集』 
『歌文集 美意延年』 小林正一
『歌文集 南十字星』 小林正一
『歌集 五風十雨』 小林正一
『歌集 板華頌』 小林正一
『歌文集 天女散華』 小林正一
『安江不空全歌集』 
『臼田亜浪全句集』 
『濱俳句鑑賞』 大野林火
『林火一千句』 大野林火
『交響詩集 ヒロシマ』 水野潤一
『句集 未完』 合志洋
『歌集 瓔珞』 柴田泰子
『昭和をうたう』 財団法人 昭和聖徳記念財団
『鳳凰集』 梶尾操

【随筆】
『日米協会から吉田茂国際基金まで』 和田清治
『存在のしかた 復刻版』 大橋美恵子
『新・漢民族から大和民族へ』 盛毓度
『道半ば…我が人生三分主義』 手島英男
『東北の歴史』 八代典二
『人はどこから来てどう生きてどこへ行くのか』 原島三郎
『至誠に生きた人々』 丸山義雄
『永遠の未完成』 江見康一
『続 医事雑感』 奥村英正
『家族日誌』 西崎和生
『英語ことわざ散歩道』 吉田通之
『今は昔――てれこむ遍歴』 柏木輝彦
『明日香風』 向井睦子
『英国魔術探求旅行』 相田弥乃助
『産後の猫』 亀島彰宏
『誰も読まない玲子さんの本』 樋口玲子
『地球市民Qさんへ』 鈍牛子
『天文おりおりの記』 村山定男
『ひと筋に歩んできた道』 内藤祐次
『レイちゃんお話しよう』 岩田誠
『わたしのひとりごと』 斉藤譲
『看護の道を志すあなたに』 北村愛子
『厚生行政と私』 林義郎
『沈黙の港』 辻一三
『波濤を越えて』 中曽根康弘
『大学・混迷から再建へ』 坂田道太
『働く国政十年』 小川国彦
『ずいひつ鎌倉市長』 正木千冬
『市長日誌』 島野武
『道』 横山和夫
『二人三脚』 町田幸久
『政界五十年思い出の人々』 宇田国栄
『議員生活三十年』 松野頼三
『国会からの報告』 金瀬俊雄
『未来を見つめて』 平田敬一郎
『祐菜酔語』 内藤祐次
『自動軍の輸出と共に』 岩田公一
『戦塵録』 川原弘
『インタビュー健康法』 碓氷元
『なぜ医師になるのか』 東京メディカルセンター
『サガレン詠草』 小川信一
『随筆集再会』 飯田浅子
『再度アマゾンを訪ねて』 和泉昇次郎
『新中国を打診する』 井上善十郎
『ビルマ日記』 大桶修義
『戦火の華北に彷徨す』 遠藤秀雄
『人生行路(医科八十翁の持論)』 松永周三郎
『閑古堂随筆』 福田学
『湘房雑記』 原田彰
『随筆浜木綿(老医の人生)』 大久保九平
『趣味の遍歴』 長岡正泰
『ウドンコ人生』 舩橋知也
『終生田医』 梅園忠
『バッド イングリッシュ』 玉置健美
『白無垢の小袖』 廣瀬和俊
『冬鳥』 關谷信三
『坐禅のうた』 第1〜4集 井上葉智
『たんシロップ』 稲川路子
『ロマンティッシュ シュトラーセ』 鳥越九郎
『随所百題(上・下)』 加藤晃
『好好 はだかの中国――企業人の体験的中国人論』 中安良之
『あすは喜望峰へ』 高松秀雄
『プロデューサーの玉手箱』 NHK・鈴木肇他
『長崎医大壊滅の日』 小路敏彦
『老子随想』 三谷順一
『伊勢路を語る』 赤福
『赤福のこと』 赤福
『木口木版伝来と余談』 馬渕録太郎
『思いは遥か』 大谷幸夫
『戦後辿りしおらが春』 青柳嘉門
『シルバー族証券マンになる』 小島龍典
『球汚れなく道険し』 大島敬二
『オリーブの実』 中山伊知郎
『いっさんばらりこ』 中山知子
『うゐのおくやま』 長野泰一
『戦さ世の県庁』 荒井紀雄
『古都花影』 本多伸光
『一つ光の上に』 濱勝之
『キューバの光と影』 松尾威哉
『手の想い』 森本周子
『指笛音楽六〇年』 田村大三
『宇治のこころ 絹のこころ』 山中美子
『奇しき我が人生』 中石庭
『ある応召軍医の記録』 宮内茂樹
『旅びと』 矢浪さだ
『風景との対話』 青柳進
『邦楽ってどんなもの』 星野榮志
『九十年の枯葉』 永井弥六
『浮浪出留夢』 堀川理
『日本一住みよい「ふるさと成田」を創る』 小川国彦
『吾が人生は川原の石ころ』 小暮和一
『芝蘭の群像』 東京芝蘭会(京都大学医学部東京同窓会)
『祐菜余録』 内藤祐次(エーザイ会長)
『残照――ボケない半生』 葦澤英夫
『初船出より半世紀』 藤田良雄
『税務遍歴』 島田種次
『孤独我住処也』 小澤猛雄
『風景 I・II』 相部みどり
『高尾山麓夜話』 設楽政治
『百歳の叡知』 大橋美恵子
『佐渡ケ島人形ばなし』 佐々木義栄
『わが心の大和路』 才藤匡
『駈け抜けた憧憬の小径』 鳥越九郎(野尻旦)
『影絵』 北 篤
『白無垢の小袖』 広瀬和俊
『想苑逍遥』 秋山泰雅
『六本木古慕列ばなし』 後藤真
『自動車の輸出と共に』 岩田公一
『私の稀覯本(豆本とその周辺)』 今井田勲


◆年史・社史・社内報
これまでに制作した主な年史・社史

  [目次に戻る]

【自治体】
『魯迅と藤野厳九郎』 福井県芦原町/芦原町教育委員会
『まんが静岡県史 天下統一篇』 静岡県
『まんが静岡県史 幕末・維新篇』 静岡県
『なごや100年』 名古屋市
『桜井市史』 (全四巻)奈良県桜井市
『大三輪町史』 奈良県大三輪町
『峰山郷土史』 京都府峰山町
『五城目町史』 秋田県五城目町

【各種団体】
『特Aへの道&米の消費拡大方策』 日本穀物検定協会
『吉田茂国際基金の歩み』 財団法人吉田茂国際基金
『国際交流基金30年のあゆみ』 国際交流基金
『〈東京の夏〉音楽祭 22年の歩み』 財団法人アリオン音楽財団
『美術館連絡評議会25年のあゆみ』 美術館連絡評議会
『光西寺史』 光西寺
『科学技術と未来』 財団法人帝人奨学会
『穀検五十年史』 日本穀物検定協会
『穀検五十年史CD-ROM』 日本穀物検定協会
『産業基盤整備基金の18年』 産業基盤整備基金
『戦後強制抑留史』 平和祈念事業特別基金
『叡知の飛翔――NEDO20年史』 新エネルギー・産業技術総合開発機構 『経済団体連合会十年史』 経済団体連合会
『経済団体連合会二十年史』 経済団体連合会
『北海道開発庁二十年史』 北海道開発庁
『食糧管理史』 (全七巻)農林省食糧庁
『畜産発達史』 農林省
『農業災害補償制度史』 〃
『(続)農業災害補償制度史』 〃
『林業事業五十年史』 日本林道協会
『日本科学枝術情報センター二十年史』 日本科学枝術情報センター
『合化労連二十年史』 合成化学産業労働組合連合会
『治山事業五十年史』 日本治山治水協会
『治山事業六十年史』 〃
『統計研究会十年史』 統計研究会
『統計研究会二十年史』 〃
『千葉県理容史』 千葉県理容環境衛生同業組合
『日本雑誌協会史』 日本雑誌協会
『日本雑誌協会十年史』 〃
『日本雑誌協会二十年史』 〃
『河川改修四十年史』 四国建設弘済会
『日本燈台史』 運輸省海上保安庁
『緑風会十八年史』 緑風会
『日本酪農史』 (窪田喜照)全国酪農協会
『北海道酪農史』 北海道酪農協会
『北海道農業発達史』 北海道立総合経済研究所
『日本出版取次協会二十年史』 日本出版取次協会
『日本出版取次協会三十年史』 日本出版取次協会
『日本ペンクラブ三十年史』 日本ペンクラブ
『光荘会十年の歩み』 光荘会
『山口県連合婦人会史』 山口県連合婦人会
『下関市連合婦人会史』 下関市連合婦人会
『日本金属玩具史』 日本金属玩具史編集委員会
『日本茶輸出百年史』 日本茶輸出百年史編集委員会
『100年のあゆみ』 日本赤十字社神奈川県支部
『六本木商店会25年の歩み』 六本木商店会
『世界平和研究所十年のあゆみ』 世界平和研究所
『中曽根内閣史』 (全六冊)世界平和研究所編
『東京の住まいとともに(二〇年)』 東京都住宅供給公社
『銀行協会二十年史』 全国銀行協会連合会
『銀行協会三十年史』   〃
『日本エスカップ協会二五年史』 日本エスカップ協会
『三〇年のあゆみ』 全国いか加工業協同組合

【企業】
『中央公論新社120年史』 中央公論新社
『小金井ロースター』 小金井カントリー倶楽部
『小金井カントリー倶楽部75年史』 小金井カントリー倶楽部
『エーザイ70年史』 エーザイ
『技術の地平を拓く JSR50年の歩み』 JSR株式会社
『東京大学先端科学技術研究センター二十年史』 東京大学先端科学技術研究センター
『創業100年、アジア発のメジャーに向かって』 大陽日酸株式会社
『高岡ガス90年史』 高岡ガス90年史編集委員会
『温もりを求めて一筋に百年』 マイコール株式会社
『日本水産の70年』 日本水産
『浅草の百年(神谷バーと浅草の人々)』 神谷商事
『菱三商会六十年史』 菱三商会
『ホテル・ニューグランド50年史』 ホテル・ニューグランド
『二十年の歩み』 セントラル自動車
『三十年の歩み』 〃
『20年の歩み』 日本不動産銀行
『太田胃散百年の回想』 太田胃散
『内田洋行と共に(社業の回顧)』 内田洋行
『(続)内田洋行と共に(社業の回願)』 〃
『山陽電気工事30年史』 山陽電気工事
『ピストン五十年』 泉自動車工業
『橋本八十年の歩み』 橋本総業
『ほくせい創業十年史』 北星海運
『ほくせい創業二十年史』 〃
『日本石油輸送の25年』 日木石油輸送
『阪和興業二十年史』 阪和興業
『三井観光開発(株)15年の歩み』 三井観光開発
『品川信用組合の歩み』 品川信用組合
『あゆみ(畔蒜工務店25年史)』 畔蒜工務店
『二十年史』 日建設計
『東京會舘いまむかし』 東京會舘
『エーザイ50年写真史』 エーザイ
『巴工業の五十年』 巴工業
『金属ヒフ科で世界へ 40年史』 ディップソール
『基礎研二十年』 東レ基礎研究所
『大亀商店百年と私』 大亀岩男
『日本橋駿河町由来記』 駿河銀行

【医学】
『永寿総合病院十五周年記念誌』 永寿総合病院
『永寿総合病院二十周年記念誌』 〃
『北多摩歯科医師会史』 北多摩歯科医師会
『井上眼科病院百年史』 井上眼科病院
『小平市医師会史』 小平市医師会
『東京女子医科大学小史』 東京女子医科大学
『日本女医史』 日本女医会
『佐々木研究所五十年史』 佐々木研究所
『看護のあゆみ』 東京大学医学部付属病院看護部
『南牟婁民生病院二十年の歩み」南牟婁民生病院
『東京大学医学部眼科学教室百年史』 東京大学医学部眼科学教室
『東京慈恵会医科大学眼科学教室百年史』 東京慈恵会医科大学眼科学教室

【学校】
『昭和学院70年史』 昭和学院70年史編集委員会
『創立125周年 写真で見る跡見学園の歩み』 跡見学園
『鎌女回想──写真でつづる100年のあゆみ』 鎌倉女学院
『この人こんな話百話』 明星学園
『鎌倉そして鎌女』 鎌倉女学院
『学園と共に四十年』 横浜商科大学高等学校
『専修大学百年史』 専修大学
『フェリス女学院100年史』 フェリス女学院
『成城学園五十年史』 成城学園
『中央学院六十年史』 中央学院
『中央学院八十年史』 〃
『津田塾六十年史』 津田塾大学
『成蹊大学の十年』 成蹊大学
『東金高校の歴史』 東金高等学校
『頌栄女学院百年史』 頌栄女学院
『楽しく学ぶICU高校 いま二〇年』 国際基督教大学高等学校
『回顧百年』 東京学園高等学校
『鎌女回想 写真でつづる九〇年の歩み』 鎌倉女学院
『修猷館ラグビー史』 修猷館高校ラグビー部
『一橋のテニス』 一橋大学テニス部

【戦史】
『近衛師団第六野戦高射砲隊史』 
『羅南騎兵第二十七聨隊概史』 
『二つの河の戦い歩兵第六十聨隊の記録(ビルマ編)』 

【事業案内書・社内報】
「STR」(エステー社員大会記念冊子)
『小金井マナー集』
『EN Favorite 26』 株式会社wisteria
『外村彰講演会――「好奇心があるから前へ進める」』
目白病院
井上眼科病院
東京メディカルセンター
『日水弘報』 日本水産
日本水産・事業案内
「リーフレット・ATAカルネ」 国際商事仲裁協会
(財)食生活研究会パンフレット


◆研究報告書・論文・年鑑

  [目次に戻る]

【評論・研究】
『日出づる国の物づくり――技術屋が探るそのDNA』 山崎禎昭
『日本の正義はここまで朽ちた』 阿久根滋
『もうひとりの私的スペキュラティブ美術論』 荒巻義雄
『日出づる国のあけぼの――造船屋が書いた歴史随想』 山崎禎昭
『雷――その科学と日本人とのかかわり』 坂本勇
『資源エネルギー事情』 渡辺宏
『時代を映したキャッチフレーズ事典』 深川英雄、相沢秀一、伊藤コ三
『平成拡大家族』 袖川芳之ほか
『「活力と信頼の国家」序章』 谷垣貞一
『「雪国」は小説なのか』 田村充正
『Origin, Reality and Root』 斉藤了匡
『銀行はなぜ生き残ったか』 谷口米生
『近代医療革命』 長谷光紘
『クロレラ物語』 折谷隆志
『椙山女学園大学研究叢書20 人間論「人間になろう」の探求』 横田澄司
『チャレンジ国際関係』 角田勝彦
『中エジプト語辞典』 當麻夏雄
『般若心経覚書』 森西定男
『評伝 奥野誠亮』 「評伝 奥野誠亮」刊行委員会
『ホスピス研究』 種子田吉郎
『三田村鳶魚研究の軌跡』 小谷悦子
『やさしい禁煙のしかた』 高橋進
『啄木短歌の精神分析』 石田六郎
『交通事故の治療と補償』 長谷川伝
『位層構造論』 松田義朗
『誰にでもできる皿まわし入門』 永富勲
『なぜ、村は集団検診をやめたか』 網野皓之
『核オプション』 堤佳辰
『日本の現代と将来を考える』 中石庭
『郁子』 安田哲雄
『講演会記録』 財団法人食生活研究会
『都市文化探訪』 大谷清
『演出記録』 小沢栄太郎
『西条八十著作目録・年譜』 
『横瀬夜雨 生涯と文学』 横瀬隆男
『スワヒリ語辞典』 西江雅之
『世界の船長の顔』 宮越賢治
『伊達綱村茶会記』 酒井巌
『長野泰一科学論文集』 
『日本動植物季節前線図』 百瀬成夫
『伊豆大島志考』 大島町
『華厳教学成立史』 石井教道
『忌宮 長府祭事記』 宮崎義教
『世界の大都市』 W・A・ロブソン編
『半井桃水研究』 塚田満江
『誤解と偏見』 塚田満江
『安藤昌益』 八戸市立図書館
『ソビエトの東洋学者のみた日本 上・下』 コンスタンチン・ポポフ
『人間都市への道』 横山和夫
『垂直二足歩行と理性の誕生』 土肥豊治
『三哲人の書――地球連邦への道』 竹村公男
『成田山分身不動』 成田山新勝寺企画課
『仏教思想史論集T・U』 成田山新勝寺仏教研究所
『向精神薬の副作用』 塩野義製薬
『瀧井孝作書誌』 津田亮一
『環境主義経済学』 伊東金芳
『神戸考』 神戸博太郎
『銅鐸と日本神話』 大塚正信
『将軍 石原莞爾』 白土菊枝
『現代に活きる山の神伝承』 佐藤芝明
『山の神の民俗と信仰』 佐藤芝明
『丹沢・桂秋山域の山の神々』 佐藤芝明
『日本国憲法と聖徳太子』 保坂俊三
『遊牧騎馬民族と東国武士』 保坂俊三
『現代語訳正法眼蔵(全一三巻)』 西嶋和夫
『真字正法眼蔵提唱録』 西嶋和夫
『謡曲に見る人間研究(寒蝉第五集)』 山田雄三
『市民主義のまちづくり』 永井英慈
『日本再構築(1)・(2)』 永井英慈
『二一世紀に開く科学の新理論の研究』 松下和子
『人類が来た道のりを測る』 渡邊直經
『インパール作戦』 磯部卓男
『イラワジ会戦』 磯部卓男
『日英両軍の決戦』 磯部卓男
『宗二傳説』 武田大
『祥瑞幻想』 武田大
『禅人利休の生涯』 武田大
『私の選んだ格言集』 北野生涯教育振興会
『自彊術の医学』 近藤芳朗
『空前の薬害訴訟』 泉博
『第一巻 宇宙誕生から人類誕生迄』 西澤公慶
『リメンバー昭和!』 袖井林二郎
『癌の告知・ターミナルケア』 佐々木廸郎
『日本人の死生観・医療と生命倫理』 佐々木廸郎
『人文学としてのアルス』 斎藤稔
『西郷隆盛の世界』 上田滋
『日本の農業の未来を考える』 食糧農業総合研究会
『加藤秀俊著作目録』 加藤秀俊研究室
『後藤義之進米寿記念論文集』 
『さんすい(エネルギー問題対談集)』 石井威望編
『権利(総論)』 生天目嚴夫
『経済学原論』 生天目嚴夫
『紀州民俗誌』 逸本盛照
『明治大正の文学者』 中村武羅夫
『江戸名物浅草海苔私考』 北村正治
『きものって』 坂野上登美

【資料・記録類】
『般若心経秘鍵』 松本照敬
『労働世界』 労働運動史料委員会
『日本労働運動史料』 労働運動史料委員会
『労使関係実態調査』 労使関係調査会
『世界経済年報』 日本国際連合協会
『水経済年報』 水利科学研究所
『農村食生活実態調査』 食生活研究会

【年鑑類】
『全広連名鑑』 全日本広告連盟
『電通広告年鑑』 電通
『放送作家年鑑』 日本放送作家協会
『脚本家年鑑』 日本脚本家連盟
『石油年鑑』 総合インターナショナル社
『演劇年鑑』 日本演劇協会

【雑誌・新聞類】
「演劇学論集 日本演劇学会紀要」 日本演劇学会
「水利科学」 財団法人水利科学研究所
「脚本家ニュース」 共同組合日本脚本家連盟
「小金井」 小金井カントリー倶楽部
「のびゆく農業」 農政調査委員会
「興風」 早稲田中・高等学校
「早稲田」 早稲田中・高等学校
「『食と健康』 講演会記録集」 食生活研究会
「光荘会作品集」 光荘会
「光友」 光荘会
「成城文藝」 成城大学
「成城教育研究所研究年報」 成城大学
「日本常民文化紀要」 成城大学
「成城国文学論集」 成城大学
「成城民俗学研究所紀要」 成城大学
「コミュニケーション紀要」 成城大学
「聖心女子大学大学院論集」 聖心女子大学
「聖心女子大学論叢」 聖心女子大学
「津田塾大学紀要」 津田塾大学
「総合研究」 津田塾大学
「国際関係学研究」 津田塾大学
「総研展望」 長銀総合研究所
「総研調査」 長銀総合研究所
「海事産業研究所報」 海事産業研究所
「現代中東研究」 中東経済研究所
「セミナー・ハウス」 大学セミナー・ハウス
「油化シェルニュース」 油化シェルエポキシ
「AJALT」 国際日本語普及協会


◆伝記・自分史・追悼集

  [目次に戻る]

【伝記・自分史】
『赤坂で40年』 川村隆雄
『新しい日本、新しい自分を』 鳥取滋治郎(読売新聞東京本社)
『これでも生きた証』 橋達彦
『辛抱は宝、継続も力』 高本篤
『「元秀才」の生涯』 三原篤
『最後の民権政治家 立川雲平』 田川五郎
『ウェスト・バージニア物語』 黒崎茂紀
『美を追い求めた九十年――安宅英一氏追想録』 椎木輝實
『開言師 本橋宗八伝』 我国神徳社
『鴨川随想――亀田総合病院今昔』 亀田俊孝
『隅田川と芸能――梅若伝説を中心として』 藤井宏子
『亡羊の嘆』 齊藤泰江
『西欧の優越』 和田孝三
『原三渓 今村甚吉宛書簡集』 齋藤清
『みちのく紀行』 八代典二
『お江戸で五十年でござる そして七十歳』 細田雅行
『回想録』 伊古美文雄
『学究三昧』 佐々学先生米寿祝賀事業会
『子らと伸びる──福祉事業に携わって五十年』 吉田紀子
『自灯明 法燈明』 井上昭英
『ハイラルからの手紙』 河野義克・啓子
『藤やんの怪傑風雲録』 藤本利隆
『ベルリンからの手紙』 北島正和
『明治三十三年集誌──明治二、三十年代一軍医の日記』 關谷誠一
『私と証券』 坂野常和
『三輪寿壮の生涯』 
『広田弘毅』 
『農魂(実川清之自伝)』 
『篠田弘作』 
『政界三十三年(篠田弘作)』 
『葛山鴻爪(小磯国昭)』 
『池崎忠孝』 
『雲をつかむことか(西村英一)』 
『政治は足跡をもって描く芸術である(戸叶武)』 
『県令籠手田安定T・U』 
『松明の如くに(織田正信)』 
『ある情報将校の記録(塚本誠)』 
『岸道三』 
『山際正道』 
『島本融(人と思想)』 
『金原明善(上・下)』 
『巨木・茅さん(異色の東大元学長)』 
『跡見花蹊伝』 
『山田晃伝』 
『ミナトのおやじ(藤木幸太郎伝)』 (白土秀次)
『河守浩伝』 
『福原有信伝』 
『山田寿二伝』 
『創業者小菅丹治』 
『大原孫三郎伝』 
『麻田駒之助』 
『近藤寿一郎』 
『勝宮元伝』 
『小林吉之助伝』 
『一筋の道(西日本実業家五十の群像)』 (大隈秀夫編)
『伍堂輝雄』 
『高木兼寛伝』 (東京慈恵会医科大学)
『吉岡弥生伝』 (吉岡弥生伝伝記刊行会)
『大統領からくじらまで(ホワイト博士伝)』 (日本心臓財団)
『中村裕伝』 (中村裕伝刊行委員会)
『村野常右衛門伝(民権家時代)』 色川大吉
『村野常右衛門伝(政友会時代)』 色川大吉
『或る田舎医者の生涯』 谷川治男
『道程 血液・遺伝・臨床病理』 三輪史朗
『足跡』 木村一郎
『コーセー創業者 小林聰三』 小林和夫
『回想――我が幼年時代』 橘高倫一
『山河あり』 木村雄吉
『相川春喜小伝』 
『岸道三という男』 
『坂本繁二郎伝』 小島直記
『一以て之を貫く』 小島直記
『撫山翁しのぶ草』 

【追想集・遺稿集】
『吾家』 染谷文雄
『一生涯一教師』 松丸誠
『佐藤強遺稿集 佐倉 竹林の風』伊東洋、磯部泰行、赤松孝之
『追想 井上治郎』
『碧空――山本和雄遺稿集』
『さまざまな出会いがあって』 宮本茂樹
『春ふたたび』 鮫島達郎
『橘高先生について』 関谷信三
『小谷直道遺稿・追想集』
『永遠の黎明――追悼 矢野明彦』
『橘高記念会会報』 
『思い出は身に残り──高橋康也追想録』 
『春秋』 加藤博久遺稿集
『追憶 伊藤一郎遺稿集』 
『平岡武夫遺文集』 平岡武夫
『無邪気な先駆者 三浦博孝追悼文集』 三浦輝子
『歴史に生きる 鈴木正四』 鈴木正四
『大橋武夫追想録』 
『追想の蝋山政道』 
『追想松本重治』 (国際文化会館)
『追想の橋井直』 
『大島直治先生追想録』 
『一路八十年』 (中山伊知郎)
『志在千里 大来佐武郎追悼文集』 
『かなかなの記』 日比野恒次
『炎のごとく、水のごとく』 柴田秀利
『塚本憲甫』 (塚本憲甫追悼集刊行会)
『西山敬三追悼集』 (西山生々堂外科医院)
『藤堂参伍追悼録』 (藤堂参伍追悼録出版委員会)
『さやまきよし集』 (国定薫)
『溯行(長田尚追悼集)』 (長田卓・安代)
『永野重雄追想集』 
『松井恵吾追想録』 
『荒川儀一遺稿集』 
『吉村萬次郎さんを偲びて』 (香取俊彦編)
『追憶(渡辺順平)』 
『高木譲二遺稿集』 
『太陽の日々(浮橋寛追想録)』 
『原口忠次郎の横顔』 
『在りし日の木村泰雄』 
『回想の石丸重治』 
『追想服部正』 
『岡田完二郎さんの思い出』 
『映画に生きた古海卓二の追憶』 
『追想吉田満』 
『松田軍平(回顧録)』 
『一日生涯(中川越遺稿集)』 
『追想天谷直弘』 
『辻清明追悼集』 
『町田忠彦の生涯』 (和田野基)
『出会いと別れ(梅醇追想集)』 (梅重子)
『速歩自源流――渡邊一夫追想遺稿集』 
『キック・オフ』 (吉田守秀追想集)
『宮崎世龍遺稿集』 (松本達郎)
『窪田篤人遺稿集 海へ…』 (榊原睦美)
『あなたでなくてよかった』 (井上治郎)
『ふれあい』 (郡博)
『回想録 父森田誠一の想い出』 (森田実)
『汪堂遺稿』 (山田健夫)
『成田瑞穂遺稿集』 
『レクイエム 風戸裕』 (ビル・大友)
『村野常右衛門伝(民権家時代)』 色川大吉
『村野常右衛門伝(政友会時代)』 色川大吉
『或る田舎医者の生涯』 谷川治男
『道程 血液・遺伝・臨床病理』 三輪史朗
『足跡』 木村一郎
『コーセー創業者 小林聰三』 小林和夫
『回想・我が幼年時代』 橘高倫一
『山河あり』 木村雄吉
『相川春喜小伝』 
『岸道三という男』 
『坂本繁二郎伝』 小島直記
『一以て之を貫く』 小島直記
『撫山翁しのぶ草』 
『跡見花蹊詞藻』 


◆画集・写真集

  [目次に戻る]

【画集】
『清水崑画 吉田茂諷刺漫画集』 財団法人吉田茂国際基金
『画集 絶唱──私の哲学図譜』 梶冬舟
『黒点』 梶冬舟
『橋本映子画集』 橋本映子
『65歳からの絵画人生』 加納正義
『画文集虹の華』 島居辰次郎
『スケッチ画集 私の写生帖』 池田哲二
『画集・ヨーロッパの風景』 池田哲二
『画道一筋――椿貞雄の生涯と芸術』 
『児玉道夫画集』 
『詩を奏でる絵』 秋津攷子
『スケッチブック 花』 松本宏
『小林喜代吉画集と随筆』 
『画論集』 井上長三郎
『画文集 北京の風景』 中尾太郎
『詩画集 定本岩魚』 蔵原伸二郎
『画文集 みだればこ』 勝田龍夫

【写真集】
『街道と宿場』 齊藤博
『山の写真集』 小林太刀夫
『写真集』 末松経正
『写真集 河村龍馬』 
『益田佳枝遺墨展』 光荘会
『岡崎忠七仏像彫刻集』 岡崎まさ子
『写真集 知床』 綿引幸造
『写真集 百禄の鐘』 香取正彦
『中野四郎作品集』 
『小林聰三写真集』 
『写真集 高尾』 増田昇


◆趣味の本・その他

  [目次に戻る]

【趣味の本】
『埼玉の城館跡を歩く』 三ツ木正次
『センチメンタル浪花節』 鈴木正雄
『日本刀工辞典(古刀編・新刀編)』 藤代義雄・松雄
『鍔集成』 中村鐡青
『趣味の鍔五百姿』 中村鐡青
『江戸千代紙』 いせ辰四世・広瀬辰五郎
『完全なイヌの本』 

【その他(講演録・教材テキストなど)】
『がんに罹った自分とのつきあい方』 がん─医と心を考える会
『坂村健講演録「トロンの夢・ひとの夢」』 坂村健
『千住明講演会「運命と出会う冒険」』 千住明
『松岡佑子講演録──夢と言葉と魔法を少し』 松岡佑子
『皿×皿流 薬膳ごはん』 山内正恵




top page
会社案内
自費出版の方法
パンフレット・見積り
自分史
書籍の販売
製作した書籍
販売既刊リスト
link
 

 


見積り(無料)
をご希望の方はこちらへ
よくある質問
にお答えいたします。
制作費用の目安
を知りたい方はここをクリック
書店での販売
のご相談にも応じております。
お問い合せ先